社長ブログ

  1. トップページ
  2. 社長ブログ

磨き丸太

昨日奈良県に磨き丸太仕入れに行ってきました、
朝 自宅を7時に出発奈良に12時に到着
食事の時間に業者と現在の近況を話し合う、中々現況は磨き丸太の業界も厳しいとの判断出した、又この業者は年間に磨き丸太を2〜3万本販売している、回りの製造業者が廃業していく中で業容を拡大維持されています、
一番おきな問題は磨き丸太を使用する大工職人が年々少なくなっていく現状を今後どうするか?磨き丸太を製造する業者としてはでうにもならない→明城は現在ある技術を公表しても良いから磨き丸太を使用している建築業者のネットワークを作り今後業者の勉強会を進める事が出来ないか?真剣に考えましょうと意見交換をした→今後はなしが進むか磨き丸太製造業者の考え方次第と、
私の目か見た業者の昨年までの磨き丸太製造情況と今年の製造情況に変化がありました、
磨き丸太を磨き丸太で使用するではなく角材にした使用方法に思えて→これも磨き丸太を使用する事で現場の職人の手間が多く掛かり家全体の価格上昇になる+磨き丸太を使用しようとする職人居なくなっている、結果職人がお金に成らないからです、
良い技術を持っているが技術を発揮するだけの予算を貰えないから職人は組み立て仕事に走る(お金を貰えないと家庭+家族を守れないからです)
材料の販売経路や住宅メーカー、地元ビルダーの下請け大工では時間を掛けた仕事は出来ない
営業経費や現場管理経費が多く掛かる何故だろう
一番大きな問題は20年前と同じように大工職人が独立志向が高く商売に走るからだと思います、楽しく作る為には正社員として+社会保険+厚生年金など保険完備した上で
年間260日労働=年収520万円以上支払う工務店が+ビルダーが無いに等しい現状では職人さんが磨き丸太を使用する技術を発揮できない→組み立て仕事に走るが現状です、
明城では520万円以上支払っているが他社でもっと技術を磨きたいと退職していく大工が多いです、=お給料をもっと多く欲しいから独立したいが優先する為に退職する人が現在も多いです、実態は組み立て職人になり270日ほど働くことで年収は多くなる「但し手間請けになるから保険は全て無くなる、又道具は全て個人持ちになるなど条件は厳しくなるが独立する事に意味があるからです」
結果良い技術を持っても発揮する場が無いがげんじょうかな?

今後益々磨き丸太を使用する住宅が無くなっていくが明城は今以上に磨き丸太を使用した家つくりを進めたいと考えています、磨き丸太を使用出来る用に社員を採用する「2007年4月には高校新卒者が3名入社予定です、この子達2〜3年間教育する事で磨き丸太はできる、現在も14人の大工が居ます、順に教えていき磨き丸太を使用する家つくりに今以上に挑戦したい。
今日は少し泣きが入りましたかね、
忘れました昨日の仕入れは無駄な物を多く仕入れたかな?でも使い切れば良いもの成ります、


磨き丸太仕入れ

今日が投稿3回目です、
毎月第一月曜日、当社はお休みです=役所など公共機関に用事がある人は毎月第一月曜日に済ますようにお休みにしています。
昨日の日曜日は工場内の道具を改造しました、ハンドルーターをラジアルソウに固定する事で今まで型を作りハンドルーターを使用していたが今後は型を作る手間を削除できる、改造に使用した金額は3万円と安価に出来た、
今後は家具を今までよりも安価に作る事が出来る?
新聞紙上などでは住宅資材全ての単価が中と毎日のように報告されています、
当然当社の仕入先である三河材も10%ほどの単価上げの話し合いを申し込まれています、愛知県は特に住宅建設はが昨年8月比11%ほど多いと新聞報告が有りますように今後住宅資材が値上がりするのかな?但し現在建築価格が上がる事は無い様に思える=住宅会社の競走が今以上に住宅会社の競走が激しくなりますね、
住宅を注文するお客様は安かろう、悪かろうの建築屋さんが増えるかも?十分注意する必要が有ろうかと思います。
私は明日10月3日奈良県に吉野材を「磨き丸太+変木」視察に行きます、安城を朝7時41分発吉野の山に12時頃着材木を確認吉野の山を5時頃出て帰る予定です、良い物があれば報告します、
今日一日たまっている事務仕事を整理しています。


大工を目差す人へ

9月30日の出来事
今月入社したT君学歴優秀+資格優秀転職4回目の27歳縁合って当社に大工として入社、
「本人申告大工経験1年4ヶ月」
今までに当社に入社した多くの転職者特に3回以上の転職を重ねてくる人の多くは指示する人の意見を聞かない、何事も自分中心である、自分があり他人があると考えている
(本人は気付いてない)方だから指導する人の指示に従わないで自分の思うままに行動する→自分の思うままに行動をして置きながら教えてくれないと言う、転職者自身ガ何故何回も転職して来たか自分自身が振り返り変えていくべきだ、

家つくりだけではなく物つくりをする為には基礎が一番大切です、基礎を覚える為には指導者の指示に従うことです、
大工仕事をしたいが指示されてまでも大工仕事をしたくない、
物つくりをしたいが指示されたくない、

この考えの人たちの考え方は大工を物作りを職業として選択しない事です、
どうしても大工を職業としたいと入社する人には
考え方を変えさせる為に私は叩きもします+私の指示に従えない時は直ぐに辞めてくれといいます、
大工とはお客様の生命を守る+お客様家族の絆を作る+お客様の健康を守る+地域の町並みを作るなど家庭生活、家族生活する上で大切な仕事です誇りをもってする仕事です、家を作る大工なる人、

家を売る大工になる人大工にも二通りの大工があります、

お客様の為にココを込めて作る大工=家を作る大工
販売する家を作る大工=家を売る大工

私はこのように大工を区別して考えています、人それぞれです大工職も色々です、
T君には私の指導を受け入れない時は一日も早く転職を勧めました、後は本人が決める事です、木材に対し又お客様に対して愛情を持った家つくりする事が大工の使命です


現在木造3階建て住宅を建築中です、完成は2006年10月20日です、完成に向かい最後の追い込みです、1階店舗は全ての柱を吉野産磨き丸太を使用した贅沢な家つくりです、完成した後写真で公開する予定です、このような家つくりを目差す若者に是非一度見学して貰いたい、


木造注文住宅のことなら
なんでもご相談ください

純和風の住宅はもちろん、モダンテイストの洋風住宅やリーズナブルなプランもご用意しています。木造家屋のリフォームやオリジナル家具も承っています。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0566-92-0233

メニューを閉じる