株式会社明城 社長ブログ

  1. トップページ
  2. 社長ブログ

建具を全て木製で作る
拘りです、
壁・天井は全てクロス仕上げだが
建具には全て木材を使用する宴会場です、
建築仕事にかかわっている方は
一度出かける価値があると思いますが??
ヤハリ
全てがクロスの仕上がりに木材を使用する事が
優しさを感じさせてくると私は思いますが



壁・天井共にクロス仕上げですが
建具だけは木製にた、
今の時代木材を使用しているカ所が無いに等しい時代ですね、
壁・天井共にクロスですが木材をし使用する建具

これも材質を選んでいると大きな金額になりますが
材質を選ばない作りにすると木材を使用する建具で
あっても採算は十分に合います、



建具の作り方ですが
全て框付きの建具を作る事を基本としています、



折れどもできます、
折れ戸などは木材を使用すると安価にできるかも??



玄関正面は受付カウンター
カウンターの右には樫の木自然木を使用しています、
この様な使い方が出来る業者は少ないのでは??
来店時には特に期待込めてみて頂きたい



玄関には小さな池を作り遊んでいます、
この遊びが心のユトリになればと思います
噴水が??
夜は明かりが有り楽しさを倍加してくれるかな?
来店のときには気にかけて頂きたい



玄関入るとすぐに待合があります、
この待合は何の変化もない丸太を削っただけの物ですが
今時は珍しいかな?規格品のテーブルが多い中
丸太だけの素朴な感じです
これもクロス貼りだけの周囲に有る中で
不釣り合いですが自然の木に癒されます、



解体前の店舗には狸が2匹いました
この狸は店舗内では???
行く所がなく看板の隣で今後の生末を見守ります、

皆さんの来場をお待ちしています、






玄関正面に桧 根付き柱(株付き柱) を使用しています、
この柱は通り柱です、太さは私が抱きついては手が届かない太さです、



天井板には松板を使用しています、
一枚の板の幅は72㎝あります、
幅広の板を使用しています、



床の間にはベボウーの柱を使用しています(全国的にはムロと言います)
この太さにベボーの木は少ないですね、
床の間の板は
以前のお宅に使用してあった材料を再利用しています、



仏間には格子天井を採用しています、
ここにも以前のお宅の材料を使用しています、

この様に以前のお宅に使用されていた材料を使用する建築屋は少ないと聞きます、
これが出来るが明城です、

次回には紅梁を掲載します、関心を持ってくださいね、




改装の目的
1-老後の生活を最大限住みやすくしたい、
2-老後の生活空間は老夫婦だけの空間にする、
3-夕飯を家族と共にした後は夫婦2人だけの生活場所、
4-死んでお金を持って行ける分けではない=あるお金を有意義に使いたい
5-今では子供にお金を残す時代ではない=お金は使い切って死んでいく、
6-快適に生活する為にはヤハリ改装する事が一番と考えた結果良かった、
7-段々と外に出るのも???自宅でユックリとくつろげる場所が有ることに満足です、
8-夫婦2人の生活を大切にする事が出来る、

お金を残す時代ではない事をツクヅク感じている今日この頃

改装工事完了しました、
大改装工事でした、
一部を確認すると改装工事とわかるが
室内に入れば新築と同様です



やはり改装工事です
如何しても強度に関係する箇所譲れませんね、



今回の要らるか所に物入れを用意しました、
物入れはイクラあっても??
だが倉庫にならないようにしたいね、



トイレも揺ったりとした雰囲気に仕上がりました、
毎日の生活上欠かせないトイレです、
トイレは狭くても???と言われる方が
やはりトイレはユックリと使いたいですね、



ウオークインクローゼットですね
杉板を全面に使用しました
洋服は杉の木の香りがする様になりますね、
杉の木の香りがする=外出する時は、した時には木の香りがすると言われますね、



既設の梁を現しにすることで改装工事だと分る、
また大木を使用した住まいであることが一目で理解できる住まいです、
各和室と縁側を一体にすることでより広々した空間になりました、




至るか所に収納を準備した住まい作り



安城市朝日町に新築オープンです

鯛常さんのオープン予定看板取り付けです、
4月より解体工事
5月基礎工事
7月鉄骨建て方→足場かけ
いよいよ屋根工事続いて外壁工事と進みます
ここまで進むと少し形が見えてきました、



なかなかの大きさです、
明城が請け負いするには大きいですね、
だが
私の経験がこの仕事を完成させます、
楽しみです
今からが楽しみです


木造注文住宅のことなら
なんでもご相談ください

純和風の住宅はもちろん、モダンテイストの洋風住宅やリーズナブルなプランもご用意しています。木造家屋のリフォームやオリジナル家具も承っています。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0566-92-0233

メニューを閉じる