社長ブログ

  1. トップページ
  2. 社長ブログ

今日配筋検査を受けました、
何位問題もなく完了です、
その中で綺麗にできていますねとお褒めの言葉を頂きました、
明日から型枠を組みます、





検査院の方とお話をさせて頂くと
検査員お方は現在自分お親をの介護をしているそうです、
資格が有るから資格を有効利用する為に
配筋検査員を現在は遣っている、
90歳以上のお母さんの介護が大変であると言われていた、
お仕事の話は一切なし
介護の話で終わりです、
笑うしかない、


昨日不動産屋と話す機会を頂き話した、
最近公示価格を新聞紙上に掲載された、
この工事価格は6か月ほど以前のものですね、➡理由は一度に情報が集まるわけではない➡集めた情報を精査した上で掲載される
ここで
東京では多くの地域では価格は様子見だとか(上がり過ぎた感が多いとか)
名古屋地域でも
価格は様子見だとか??特定の地域は何時でも別ですね、
この中で
住宅メーカーは特に元気が無いと聞く
消費税が上がってからが得なために(借り入れをされる方)
消費税が上がった後少しは駆け込みが有るかも??
1000万戸は空き家が有ると言われる➡生活する為には新しく住まいを作る必要はない
ヤハリこれからの若者は新築一戸建てに拘らないのでは??
最低限補修して住む建物を求めるのでは??
住宅のあり方が大きく変わる今後ですね、

言えることは
日本が豊かになった証ですね、


消費税込みの1000万円の住まい外観です



消費税込み1000万円の住まい室内の模様



鉄筋加工及び組み立て工事進んでいます、

この後配筋検査が有ります、
検査が有る事は緊張感が有り良い事ですね、
必ず検査が有る事は良い事ですね、





順調に基礎工事進んでいます、
現在の建築業界は?ヤハリ忙しくないのかな?忙しくないね、
個人住宅は静かです、
今日から仕事住んでいます、





表層改良進んでいます、
2日間で終わりました
土の搬出に時間がかかりました、
表層改良の金額が高いと思う、競争が激しくなっている、
何事も世間は逆走している
住宅メーカーは受注単価を上げているが施工業者は単価下がる
どうしても理解できない現実がある、
結果は住宅メーカーは受注量が減少しているが利益を出さないと遺憾
店長は査定が厳しくなる??
現実価格を上げているのに施工店の単価は下がっている、
フリーランスはつらい現実です、
笑い事では無いですね、





木造注文住宅のことなら
なんでもご相談ください

純和風の住宅はもちろん、モダンテイストの洋風住宅やリーズナブルなプランもご用意しています。木造家屋のリフォームやオリジナル家具も承っています。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0566-92-0233

メニューを閉じる